蒼穹と漆黒の狭間

あの伝説の歌姫、片霧烈火様の神々しさを、現在讃えん

片霧烈火 名曲#003 アシタのミライ

アシタのミライ

作詞 片霧烈火 作曲・編曲 HIR

 

疾走感あるエレキギターのイントロから幕開けするこの曲、

紛れもなく名曲である

2006年にリリースされた、片霧烈火のCDアルバム「がーるずらいふ」

収録されているナンバーで、このアルバムのイメージを形作る核となっている。

プロローグ的な1曲目のあとの2曲目で、アルバムラスト曲の前の12曲目にも

テンポを落として、アコースティックギターに変えた別バージョンが収録

されている。

このアルバム「がーるずらいふ」は、女子高校生の日常をドラマ仕立てに

した構成となっており、収録されている楽曲は若さ溢れるイキイキとした

ナンバーが占め、みずみずしい青春を感じさせるものとなっている。

なお、このCDが発売された2006年6月28日は、片霧烈火のメジャーデビュー

シングルCD「why,or why not」も同日リリースされており、片霧烈火

彼女のファンにとって記念すべき日となった。

 

この曲のイントロもアルバム全体のコンセプト同様、若さはじけるメロディで

どこかティーンエイジャーを感じさせる。

眩しい光に目を覚ます 今すぐに君に会いに行こう

楽しい思春期の日々を送っている若人が感じられる、朝日の輝きと目覚めて

すぐに会いたい、と思える人がいて会えることが嬉しくてたまらない、みず

みずしい青春ぶり!

ちなみにここの部分の片霧烈火の歌い方も特徴的で、「今すぐに君に」

いう単語を「今すぐ(ここで区切る)に君に」というセンスある、歌詞の

区切り方をしている。

 

部屋に閉じこもっていても始まらない ホラね

すぐそこ待ってる明日の未来

「ホラね」という呼びかけの歌詞にセンスを感じるし、曲名である

「明日の未来」という単語も素敵な響きで素晴らしい!

「すぐそこ待ってる」の歌詞も若者らしいスピード感と、前向きな感じが

して最高だ。

 

足跡狭めて急いでもダメだね

二人いつかは掴める 奇跡の道しるべ!

「奇跡の道しるべ」とか「いつかは掴める」とかの前向きな歌詞が、筆者は

大好きなんだ……。

「足跡狭めて~」のところは、Bメロのリズムに合わせて言葉の韻を踏む

感じで「ダメだね」と語りかける歌詞も良い。

 

ゆらゆら不確かなこの指先を

強く捕まえて離さないでね

サビの部分も先ほどと同じく、メロディのリズムに合わせ韻を踏んでいる。

それにしても歌詞が、女子高校生っぽい純粋さを感じさせて可愛い!

 

答えあわせはもう少しアトで

今は笑顔で進んでゆくんだ

飛べない空はドコにもないから

そう、若人はいちいち正解かどうかなんて確認しなくていいんだ!

純粋なエネルギーで、突っ走れ!!

若者の可能性に不可能なんて存在しないんだ!

「飛べない空はドコにもないから」……う~~ん、いい歌詞だ!

オレもこんな言葉を人前で言ってみたいぜ!

だがオレのような、野暮ったい男が言っても気持ち悪いだけか……。

この言葉を発して締まるのは、紅の豚ぐらいか。

 

長い長い時間の中ではきっとね

泣いたり傷つくこともあるけれど

絶対諦めたりなんかしない

そして夜空の下待ち詫びてる 夢見た素敵な世界

現代の社会問題にいじめがある。

特に学生時代のいじめは心に大きな傷を負う。

誰に相談すればいいのかも解らないだろう。

そんな時この曲を片霧烈火の曲を聴いてくれ!

そして勇気が湧いてきたら、片っ端から信頼できる人に相談するんだ。

信頼できる人がいないなら誰でもいい。

100人いたら15人くらいは、真剣に話を聞いてくれるはずだ!

他人の力を借りながら、未来は自分の手で切り開くんだ!!

そうすれば必ず「夢見た素敵な世界」が待っているさ!

そのあとは、君が誰かを助ける番になるんだよ!

歌には誰かを救うパワーがある!

筆者の場合は片霧烈火さんの歌がそうだった。

みんなもそれぞれ、魂が震えるアーティストに巡り合ってほしい。

 

大切な絆をくれたあなたに いつかこの思い届くといいな

今日も太陽が昇ってくれば 楽しい一日がまた始まるの

一日が楽しいと思える青春の日々……。

こんなに素晴らしいことはないっ!!(涙

「始まる」の語尾が「の」なのも、乙女っぽくて

キュンキュンします!!!

 

若人の弾ける気持ちを表したような、エレキギターのアウトロで

この曲は閉幕する。

楽しく輝かしい青春時代も、やがて終わりがやってくる。

それでもその時代に感じた、ときめきは失われない。

そのときめきを胸にしまい、次のステージへー。

飛べない空はドコにもないから

 

アシタのミライ

  • 片霧烈火の歌声が美しい      20点
  • 飛べない空はどこにもない     18点
  • 歌詞が良すぎる          16点
  • 弾ける青春時代          13点
  • CD同日発売「烈火記念日」    10点
  • 飛ばない豚はただの豚         1点

78点